治療

ぎっくり腰

ぎっくり腰

こんにちは☀️

もんじゃる(@monjyaru)です🐵🍌

先日、ぎっくり腰の症状で来院された患者様がおられました。
鍼灸施術の後、日常生活での注意事項や
どのようなに過ごしたらいいかなどお伝えしたところ
翌日来院された時には痛みが半分にまで減少しました!!🥲👏

治療院で行う治療だけでなく
患者様の1日の過ごし方が非常に大事であると感じましたので
今回はぎっくり腰(急性腰痛)についてお話ししていきます!!

原因

原因はさまざまですが

筋膜性腰痛
椎間関節性腰痛
ヘルニア

に分けて
ご紹介していきたいと思います💡

筋膜性腰痛(筋由来)

筋肉が急激に収縮することで
筋肉と筋膜が癒着を起こすことで
腰の痛みを引き起こします。
筋肉の慢性的な疲労でも起こりえます。

椎間関節性腰痛(関節由来)

腰の上下の背骨を繋ぐ関節に
許容以上の負荷がかかり
損傷や炎症が起きることで
痛みが出てしまいます😵‍💫

ヘルニア

若年者に多いヘルニアも原因の1つです。
中高年の方も
加齢や運動不足により
筋力バランスが乱れていると
関節が変形しやすくなり
ヘルニアを起こしている場合があります🚨

鍼灸でのぎっくり腰へのアプローチ

当院では
問診や触診により
原因を探します👀✨

当院の治療の一例👇❤️‍🩹

ぎっくり腰

炎症があれば患部は冷やします。
背部の筋肉を緩めたり
足には腰とつながるツボがあり
そこにアプローチしていきます🪡✨

ぎっくり腰になってしまった時の
応急処置・対応

・入浴はしない
・飲酒はしない
・炎症が起きている間は基本は安静に
・横になるときは仰向けで膝の下に枕を入れるか
横向きになりましょう。
・横になって起き上がる時は一度足を下ろしてから!!!👇

ぎっくり腰

あくまで応急処置のため
できるだけ早めにお近くの治療院にいかれることを
オススメいたします💁‍♀️

予防

腹圧を高めるためのドローイン

ぎっくり腰

①膝を90度に曲げます
腰は反りすぎないように
手のひら1枚入るくらいにしておく。
②大きく息を吸います。
この時お腹は膨らませます!
③ふーっと遠くのろうそくの火を
消すように息を吐きます
④最後の最後までしっかり息を吐き出しましょう🌬✨
これを10セット行います!

腹圧を高めることで
腰の背骨が安定しやすくなり、負担が減ります!!
この圧が、重いものを持つときや
くしゃみをする時に、ベストなタイミングで
入らなければ、背骨の負担が急増し
ぎっくり腰になる原因に😨⚡️

今はぎっくり腰になってはいないけど
ぎっくり腰を繰り返している方や
腰痛がある方は
早めの治療をオススメいたします😌
ぜひ一度、当院へご相談ください💁‍♀️🌈✨

ABOUT ME
もんじゃる下庄店
岡山県倉敷市下庄に店舗を構えるもんじゃる下庄店です。