美容情報

美容鍼の本数が増えると何が変わるの?

ご覧いただきありがとうございます!
もんじゃる鍼灸整骨院の松木貴寛です!

7月から美容メニューが変わりますが
その中で質問が多かった

美容鍼の本数が増えると何が変わるの?

にお答えしていこうと思います!

 

美容鍼の本数が違うと何が変わるのか

まだ、もんじゃるの美容鍼の新メニューを知らない方は

7月から美容鍼は上記の3つメニューに分かれました。
3つの違いは
美容鍼の本数の違いです。

メニューによって
鍼の本数は30本〜100本と鍼の本数が大きく違います!

でも、鍼の本数が多いからって
何がいいのかはわからないですよね!

ですので、
鍼の本数が違うと何が変わるのかを
メリットとデメリットでお伝えしていきます。

 

鍼の本数が増えるメリット

  • 顔の筋肉にできる傷の数が増える
  • 細胞への刺激量が増える

お顔の筋肉にできる傷の数が増える

鍼治療で効果がでる仕組みを簡単に説明します!
↑ここでも書いていますが

鍼が効果を出すには
筋肉に傷をつけることが大切になります。

筋肉についた傷を治していく過程で
固い筋肉を緩めたり
血流が良くなったりするからです。

鍼の本数が増えると
それに比例して
傷の数も増えますので
治す場所も増えるので

鍼の本数が増えると
1度の施術での効果が上がります!

細胞への刺激量が変わる

皮膚は表面から

  1. 表皮
  2. 真皮
  3. 皮下組織

の3層でできています。

その中でも
2層目の真皮にある「繊維芽細胞」という細胞に
鍼刺激を入れると

細胞が活性化されて、お肌のハリや弾力が生まれるようになります。

ということは
傷同様、鍼の本数が増えると
細胞への刺激が増えると活性化される細胞も多くなるため

効果が上がります!

 

メリットのまとめ

筋肉の傷と細胞への刺激量が増えることで
美容鍼の効果UPが期待できる

 

メリットを先にお伝えしましたが
残念ながらデメリットもあります。

 

鍼の本数が増えるデメリット

  • 怖さ・痛みが増える
  • 内出血の可能性が上がる
  • 顔の筋肉のだるさが出る可能性が上がる

 

鍼が刺さる回数が増えることで怖さや痛みを感じることが増える

鍼に怖さを感じている方や、
鍼特有の「ひびき」というズーンとした痛みが苦手な方だと

鍼の本数が増えると必然的に怖さや痛みは増えることになります。

ですので、
美容鍼が初めての方や鍼のひびきが苦手という方には
あまりおすすめはできません。

内出血の可能性が上がる

これまでにもんじゃるで
美容鍼を受けたことがある方は
みなさん初めの問診時にお話をさせて頂いているのですが

美容鍼をすると
誰にでも

内出血をするかもしれない

というリスクがあります。

これに内出血に関しては
また詳しく記事にさせて頂きますが

お顔には毛細血管が豊富にありますので
その毛細血管に鍼が刺さると内出血が起こる可能性があります。

もちろん跡が残るということはありませんが
もし直近で写真撮影や大切な日がある場合には
あらかじめスタッフにお伝えいただきたいです。

 

お顔の筋肉のだるさが出る可能性が上がる

お顔に鍼で傷をつけると
そこを修復していこうという働きが起こります。(=自然治癒力。)

修復していく過程で
少しだるさが出ることがあるのですが
傷が多いとだるさが出る可能性も上がりますので

もし、鍼をした後のだるさが嫌な場合は
鍼の本数が多い美容鍼を受けるのはオススメできません。

 

デメリットのまとめ

美容鍼の本数が増えることで
怖さや痛みが増えることの他に内出血やお顔のだるさが出る可能性が上がります

 

 

まとめ

鍼の本数が増えるメリット

  • 顔の筋肉にできる傷の数が増える
  • 細胞への刺激量が増える

 

鍼の本数が増えるデメリット

  • 怖さ・痛みが増える
  • 内出血の可能性が上がる
  • 顔の筋肉のだるさが出る可能性が上がる

美容鍼の本数が増えることで
このようなメリットとデメリットがあります。

鍼の本数が少ないからといって
効果が出ない訳ではありません!

さらに効果を上げていきたい方のために
できた新しいメニューになります!

ですので、
ご自身にあったメニューを選んでくださいね!

 

 

ABOUT ME
松木貴寛
松木貴寛
誕生日1991.09.25 【出身地】岡山県総社市 【資格】鍼灸師・柔道整復師 ”都会のクオリティを岡山で”をモットーにもんじゃる鍼灸整骨院を運営しています。 ”鍼灸の魅力”や”もんじゃるの雰囲気””健康・美容情報”を皆さんに伝えていきたいと思います!